クラウドソーシングに依存するべきではない3つの理由。クラウドソーシングのデメリット

フリーランス

私はフリーランスとして独立して初めての仕事を受注したのはクラウドワークスからでした。

下記記事でもお伝えしていますが、登録初月に25万円の売上を達成し、最高売上は月50万円を超え

独立直後の収入のほとんどはクラウドソーシングサイトからでした。

ですが、クラウドソーシングサイトを使い続けることはおすすめしません。

収入には繋がるのになぜ私がクラウドソーシングに依存するべきではないと思う3つの理由について今回はお伝えしていきます。

 

※クラウドソーシングでは依頼形式に「プロジェクト」「コンペ」「タスク」がありますが私の場合は全て「プロジェクト」形式のお仕事です。

価格競争が激しく、いつまでも低単価労働から抜け出せない

価格競争が激しい。これが1番の大きなデメリットです。

 

クラウドソーシング上ではたくさんの仕事の依頼があります。

私の利用しているカテゴリー「ホームページ制作・WEBデザイン」だけでも常に250〜300件ほどの案件が募集が出ています。

クラウドソーシングでのホームページの制作の相場は大体1件5万円〜30万円程度。

(5万円以下の案件もめちゃくちゃ多いです)

「このボリュームで5万円?!」そう思うことも少なくはありません。

それでも1つの案件に対して応募する人の人数は40人〜70人以上います。

30万円以上の案件にはもちろんそれ以上の応募人数が集まります。

 

クラウドソーシングで仕事を受注できる人は「制作実績が豊富で、単価の安い人」です。

なので他人より高い金額で提示してしまうだけで依頼をしたいなと思う候補からすら外れてしまいます。

案件を受注しようと思うと他の人より安い金額を提示しなければクライアントの目にすら止まらないのです。

 

他の人より低単価で提案しなければならないですが、他人の提示金額は見えません。

なので価格競争はさらに激化します。

 

どれだけあなたが腕の良い技術者だとしても、価格競争から抜け出すことはクラウドソーシング上ではとても難しいです。

 

独立したての頃はなかなか自分一人で集客するのは難しいので、個人で集客するためのプラットフォームを育つまではクラウドソーシングを利用することはおすすめですが、

いつまでも使い続けていると低単価で長時間働き続けないと収入にならないのでいつまで経ってもお金と時間に余裕を持つことはできません。

 

せっかくフリーランスとして独立したのであれば自由に時間やお金を使える生活を誰もが夢見るはずです。

早めにクラウドソーシングサイトからは卒業できるように、個人で集客できる仕組みづくりを並行して行っていきましょう。

クライアント様との蜜なコミュニケーションが取りにくい

クラウドソーシングで扱われている案件は、社内で人手が足りない時や社内にその業務をできる人がいない時に利用されることがほとんどです。

案件を受注してからZOOMなどで打ち合わせをしてくれる会社さんもありますが、ほとんどのやりとりはチャットやメールで完結します。

私はデザイナーなのでデザインを設計することを仕事としているのですが、クライアント様との密なやりとりができず、デザインの方向性のすり合わせがなかなかうまくできないと感じることが多かったです。

 

連絡の返事待ちで作業がなかなか進められずもどかしい気持ちになったり、

何度デザイン案を提出しても、曖昧な回答しかもらえず何度もやり直しをすることもありました。

 

私の感じる「お洒落」と、クライアント様の感じる「お洒落」はイコールではないです。

人それぞれ感覚が違うからこそ、その感覚を共有するためにデザイナーの仕事はクライアント様とのコミュニケーションが必須です。

 

雰囲気を言葉にして伝えるのって難しいですよね。

その上それを文面で伝えなくてはならないので、微妙なニュアンスが伝わりづらく意思疎通が非常に大変です。

 

また、やりとりがメールなのでタイムラグも大きく、連絡待ちの時間は作業は一時中断です。

相手も予定に振り回され、自分の予定を立てることも難しいです。

 

自分主体でお仕事するためにはやっぱり自分で集客して契約することが必要です。

そしてそれが結局はクライアント様のためにも繋がるので、お互いに気持ちの良いお仕事ができると思います。

あなたの強みを活かせない

上記でもお伝えしましたが、案件受注のための大きなポイントは「価格」です。

あなたが得意とするデザインというのはクラウドソーシングサイトではあまり意味がなく、個性の面で勝負をしようと思っても難しいです。

 

クライアント様はあなたの「デザインのファン」というわけではなく、

価格的にも条件に合っていて、今回の仕事に必要なスキルはあるだろうという想定で契約する方がほとんどです。

 

クラウドソーシング上のクライアントは私たちを作業者として扱う人も少なくはありません。

密なコミュニケーションが取れないのもそのせいなのかなと思います。

 

それとは逆に、自分のSNSや個人サイトを通してサービスを購入してくれた人は、

「あなただからサービスを購入したいです」

「あなたのデザインのファンです」

「毎日の更新を見ていて信頼できるなと思いました」

そんな思いで”あなただから”サービスを購入してくれる人が集まります。

 

個人の影響力をつけてあなたのファンを作る

個人のプラットフォームを育てるということは、「お客様からの信頼を育てる」ということです。

いつまでもクラウドソーシングに依存していては、あなたのファンを作ることはできません。

ある程度実績ができたらクラウドソーシングは卒業して、自分自身で集客を行っていきましょう。

 

あなたの”想い”をカタチにするホームページを制作します

女性向けのサービスは特に、あなたの世界観や価値観がお客様の心に刺さりサービスの購入に繋がることが多いです。

そんなあなたの価値観や世界観をホームページに詰め込むことで、お客様にあなたの”想い”を伝えることができます。

 

忙しいあなたの集客・営業・販売を担うホームページの制作を行っております。

制作のご依頼は公式LINE@よりお気軽にご相談ください。

 

sayuki design

タイトルとURLをコピーしました